お家でのお風呂にはどんな種類のものがあるのでしょう?【お風呂の種類】

入浴用語辞典 | SITEMAP

ふろっぐ&だっくの「湯ったり入浴タイム」

お風呂の種類

 

温泉に行くと、「○○風呂」というようにたくさんの種類のお風呂があることを売りにしているところがたくさんありますよね。
日帰りや宿泊などでレジャーとしてお風呂を楽しみたいという場合には、そのようなたくさんの種類のお風呂がある施設に心惹かれる方は多いのではないでしょうか?
ですが、普段の入浴は、ほとんどの方は自宅でということが多いような気がします。
自宅ではお風呂を数多く作るなどということはちょっと無理ですし、二世帯住宅なら、2つのお風呂を作ることもあるかと思いますが、やはり一般の家庭では一家に一室のお風呂ということがほとんどだと思います。
自宅ではどんなお風呂が多いのでしょうか?
ここではそんな一般家庭のお風呂の種類について、ご紹介していきます。

お風呂の種類

ユニットバス(システムバス)

ユニットバス「ユニットバス」は正しくは「ユニット式バス」と言います。
「システムバス」とも呼ばれますが、「ユニットバス」と言われるものよりも高級感があり、値の貼るものが多いようです。同じ規格で工場で生産されたパーツ(天井・壁・床・浴槽・ドア)を組み立てるだけなので、一から浴室を作るよりも工期も短く、性能も優れており、浴室の工法として広く普及しています。
戸建住宅よりもマンションやアパートなどの集合住宅で使用されることが多いようです。
サイズが規格で決まっているので、サイズが合わない場所への設置はスペースの無駄が多い、イレギュラーなスペースへは設置が難しいなどのデメリットがあります。
浴室のみのタイプと、浴室とトイレが一体になったタイプの2種類があります。
また、湯を張る方法は、給湯器のお湯を蛇口から補充する給湯タイプとガスや電気などで追い炊きのできる釜が取り付けられている追い炊きタイプの2種類があります。

木桶風呂(鉄砲風呂)

ユニットバスが普及する前の日本では、自宅のお風呂と言えば、煙突のついた「鉄砲」と呼ばれる釜を木でできた浴槽に取り付けた「木桶風呂(鉄砲風呂)」でした。浴槽に水を張り、釜に火を焚いてお湯を沸かしました。
浴槽の形は、水圧に強いという理由から楕円形をしています。
江戸時代から既にありましたが、明治時代から大正時代にかけて戸建住宅を中心に普及していました。
薪を使うことから風呂を沸かす手間が面倒であるため、ガス釜の普及と共に姿を消しつつあります。
この鉄砲風呂の名残で、ガス釜を取り付けた木製(杉やヒノキなど)のお風呂をたまに見かけることがあります。
最近では、日本テレビのテレビ番組「鉄腕DASH」でこの鉄砲風呂を手作りしていたのが記憶に新しいです。
今では珍しくなってしまった貴重な鉄砲釜を復元し、新しい鉄砲釜を製作する過程やそれに使うヒノキの風呂桶(浴槽)を製作する過程が番組内で紹介されていました。

その他

「五右衛門風呂」という名前がついたお風呂が代表的です。
今ではあまり見られなくなってしまったお風呂については、一般家庭以外のお風呂と合わせて「変わったお風呂」のページで紹介しています。


 
お風呂雑学講座
 

今では当たり前になった「ユニットバス」その誕生はいつ?

ユニットバスについては、お風呂の種類のところでもご紹介していましたが、最初にユニットバスが出てきたのは一体いつごろのことなのでしょうか?
「ユニット(unit)」とは「単位」で、「全体に対して、それを構成しているひとつひとつの部分や要素」を指す言葉です。
要するに、家と言う全体に対して、バスつまりお風呂がひとつのパーツとしてセットになったもの、という訳ですね。
浴槽、洗い場などを別々にはめ込んで作るのではなく、浴室全体がもうそれで部品みたいになっているなんて、最初に考えた人はスゴイですよね。
そんなユニットバスが最初に生まれたのはアメリカです。
1938年にアメリカで特許出願されました。しかし、アメリカでは普及することはありませんでした。アメリカは二本とは違って、広大な国ですから、わざわざそのような狭いお風呂を家につける必要がなかったのでしょうね。
日本でユニットバスが普及し始めたのが、1963年のことです。
東京でホテルニューオータニにTOTOがユニットバスを設置したり、北海道で「ほくさん」というメーカーから畳一枚分のスペースのユニットバスが発売されたりしたのです。
その時代は、東京オリンピックの開催に伴ってどんどん日本の経済が成長していく時期でしたが、まだまだ自宅にお風呂があるという家庭は少なく、銭湯を利用している家庭が多かったのです。しかし、「ほくさん」の発売したユニットバス「バスオール」は、一般の人にも手の届く値段設定ということが受けて、団地の多い都市部で人気が出て、大ヒット商品となりました。
ユニットバスが生まれた国では根付かなかったけれど、日本ではその住宅環境とピッタリ合ったのでしょうね。

▲上へ

 
お風呂を楽しむ5つのヒント
 

「お風呂をよ〜く知るべし!」

 
ふろっぐ&だっくの「湯ったり入浴タイム」 HOME

Copyright (C) 2007 ふろっぐ&だっくの「湯ったり入浴タイム」 -お風呂を楽しむ5つのヒント-

お問い合わせ