自宅のお風呂タイムを豊かにしてくれるリラックスタイムの必需品!【入浴剤】

入浴用語辞典 | SITEMAP

ふろっぐ&だっくの「湯ったり入浴タイム」

入浴剤

 

自宅で入るお風呂は、舞台装置でもある「お風呂場」はいつも同じ。
毎日入っていたら、ちょっと飽きてしまうなぁと思うこともありませんか?
そんな時は、入浴剤がおすすめです。
入浴剤なら、何種類か用意すれば、日替わりで違う色や香りのお風呂を楽しめるので、毎日のバスタイムにちょっとした変化をつけるのにはもってこいです。
入浴剤には、市販されているお風呂に入れることを目的とした製品だけでなく、温泉などで採取される「湯の花」などの天然のもの、植物などを入浴剤として使うもの、手作りで作れるものなどがあります。

入浴剤をもっと知って、自分の好みの入浴剤を見つけてみませんか?

市販の入浴剤の種類と効果

入浴剤がもたらす効果の主なものとしては、体を温めるという「温浴効果」と体を清潔に保つという「清浄効果」の2つが挙げられます。
市販されている入浴剤のほとんどはこの2つの効果を主目的として作られています。
入浴剤は、薬事法によって明確な規定が定められており、「化粧品」と「医薬部外品」の2つに分類されています。
現在市販されている入浴剤のほとんどは、「医薬部外品」に該当するものです。
化粧品に該当する入浴剤の場合は薬事法で定められている定義が限定的であり、化粧品として市販される入浴剤は多くありません。
一般的な医薬部外品の入浴剤は含まれている成分によって、次の6つに分類することができます。

無機塩類系入浴剤

主成分:硫酸ナトリウム、炭酸ナトリウム、炭酸カルシウム、炭酸水素ナトリウム(重曹)、塩化ナトリウム(食塩)、セスキ炭酸ナトリウム、塩化カリウム、硫酸マグネシウムなど。

効果:温浴効果、清浄効果、湯冷めの防止(保温効果)。

適応症:あせも、ひび、あかぎれ。

特徴:温泉地の名前がついているものが多数。粉末タイプが多い。

炭酸ガス(有機酸類)系入浴剤

主成分:炭酸ナトリウム、炭酸水素ナトリウム(重曹)、コハク酸、フマル酸、クエン酸、リンゴ酸、酒石酸、乳酸など。

効果:炭酸ガスの血管拡張作用による血行改善、新陳代謝の促進、温浴効果。

適応症:高血圧、冷え性、筋肉疲労、疲労回復。

特徴:疲れや痛みに効果あり。

薬用植物(生薬類)系入浴剤

主成分:ウイキョウ、オウゴン、オウバク、カミツレ、コウボク、センキュウ、トウキ、ボウフウ、チンピ、ハッカ、ヨモギ、ショウブなどの生薬。

効果:血行促進、湯冷め防止、リラックス効果。

適応症:冷え性。

入浴剤特徴:生薬の独特の香り。

酵素系入浴剤

主成分:タンパク質分解酵素、パパイン、パンクレチアンなどの酵素。

効果:皮膚表面の角質層の汚れの除去、美肌効果。

適応症:肌荒れ。

特徴:滑らかな使用感。皮膚への負担が少ない。

清涼(着色剤)系入浴剤

主成分:メントール、炭酸水素ナトリウムなど

効果:鎮静効果。

適応症:ストレス。

特徴:清涼感のある寒色系の着色料が使われている。夏の入浴に最適。

スキンケア(保湿剤)系入浴剤

主成分:セラミド、米胚芽油、ホホバ油、ミネラルオイル、液状ラノリン、グリセリン、カゼイン、スクワラン、ハチミツなど。

効果:スキンケア効果、保湿効果。

適応症:肌荒れ、乾燥肌。

特徴:入浴後は肌がしっとりしてすべすべに。液体のものが多い。

天然成分の入浴剤

科学的に作られた入浴剤とは別に、自然に作られたものを原料とする入浴剤もあります。
このような入浴剤の代表的なものとしては、「湯の花」があります。
温泉地などで売られている白い粉末や固形のものを温泉でお土産用に買い求めたことのある方は多いのではないでしょうか?
そのような人工的に合成されて製造されるのではない、「天然」の入浴剤についてご紹介します。

湯の花(湯の華)

天然の入浴剤として最もポピュラーなものが「湯の花(湯の華)」です(ゆばなとも呼ばれることがあります)。
湯の花は、温泉に含まれる成分が温度差や空気に触れることによって、お湯の中に粒子状や糸状になって漂っているもののことを指します。温泉に入っている時に、白い粉上のものがお湯の中に漂っているのを見たことのある方もいるのではないでしょうか?
その白いものが湯の花です。湯の花は、無色透明の温泉よりも硫黄泉や含鉄泉などの色のついた温泉の方が目にすることが多いように思います。
販売されている湯の花は、温泉の源泉を「湯畑」と言われるところにかけ流し、そこに沈殿したり、付着したりしたものを採取して作られます。湯の花を家庭のお風呂のお湯に溶かし入れることによって、自宅で手軽に温泉気分と温泉の効能を再現できるので、温泉のお土産としても人気があります。特に、効能が高いと言われる温泉地の湯の花は、わざわざ取り寄せて利用する人がいるくらい人気があります。
湯の花を家庭で使用する場合には、追い炊き機能がついている浴槽や浴槽の材質によっては、浴槽や風呂釜を傷めてしまう場合もありますので、使用する前に使用しても支障のない成分であるかどうかをきちんと確認しておくことをおすすめします。

麦飯石(ばくはんせき)

麦飯石は天然の鉱物です。見た目が麦飯に似ていることから、その名前がつけられました。
色は黄白色で、肌のトラブルへの薬効が認められており、昔から皮膚病を治療する漢方薬として用いられてきました。
麦飯石は、活性炭などと同じように、とても小さい穴(孔)が空いていて、水に入れるとその中に含まれている雑菌や臭い、塩素などの不純物を吸着するという性質を持っています。浄水器などの濾過フィルターにも使われています。
ですから、お風呂のお湯に入れると湯あたりのしにくいやわらかいお湯を作ることができるのです。
それに加えて、麦飯石はミネラル分を多く含んでいるので、お湯に入れることによってその恩恵も受けることができます。
麦飯石の入浴剤の効果としては、新陳代謝の促進、老化予防、美肌効果などが挙げられます。

岩塩入浴剤

岩塩は、太古の昔の海水が地熱で結晶化したものです。
岩塩は塩の一種ですが、海水が原料ですから、海水に含まれているミネラル分を豊富に含んでいます。
この岩塩を入浴剤として使用すると、発汗を促進して、体内の老廃物を排出するという効果があります。
発汗を促進するということは、もちろん血行改善にも有効という訳です。
塩分を含むお湯に入浴すると、お風呂上りの肌が塩分でコーティングされて、お風呂上りに湯冷めしにくく保温の効果もばっちりなので、冷え性の人にはおすすめです。

市販の入浴剤

自然の力で作られた天然の入浴剤とは違い、通常市販されている入浴剤ははじめからその効果を目的として製造されています。
そのような入浴剤の中からよく耳にする代表的な入浴剤「クナイプ」について取り上げてみたいと思います。

クナイプ

お店に出かけて入浴剤のコーナーに行くと「クナイプ(Kneipp)」という入浴剤が置かれているのを目にしたことのある方は多いと思います。このクナイプとは何なのでしょうか?
クナイプとはドイツのセバスチャン・クナイプという神父が考案した自然療法「クナイプ療法」を元にした入浴剤です。
クナイプの入浴剤は自然の力を最大限に引き出した入浴剤で、「薬草(ハーブ)から作られたエッセンシャルオイル」と「天然の岩塩を精製した天然塩」を主原料としたバスソルトとバスオイルが主なラインナップとなっています。
クナイプの使用方法は、38〜40℃のお湯にクナイプを溶かし入れて、10〜15分程度ゆっくりと全身浴で入浴するのが効果的です。
クナイプのバスソルトには「カミーレ」「ミント」「オレンジ・リンデンバウム」「ラベンダー」「ワコルダー」「ユーカリ」「ヘイフラワー」「メリッサ」「ホップ」の9種類のバスソルトがありますので、その中で自分の好みのものを見つけてみてくださいね。

→ おすすめ入浴剤

 
お風呂雑学講座
 

入浴剤を入れないそのままのお風呂は体に良くない?

沸かしたての誰も入っていないお風呂のことを「一番風呂」または「さら湯」と呼びます。そして、一人入った後のお風呂は「二番風呂」と言います。
一番風呂は体に良くないので、子供や年配の肌の弱い人は入らない方がいいとよく言いますよね。それはなぜなのでしょうか?
水から沸かしただけのお湯は、刺激があり過ぎるのです。
沸かしたてのお湯は不純物が少なく、肌の表面にストレートに働きかけるので、ピリピリするようなダメージを感じてしまうという訳です。それに加えて、一般の家庭でお風呂に使う水道水には塩素が殺菌のために入れられていますから、塩素も体にはあまりよくありません。
また、高齢者や心臓の弱い人の場合、誰も入浴していない浴室はまだ温まっておらず、その温度差で「ヒートショック」を起こしやすく、体に良くないという理由もあります。
ところが、誰かが入浴すると、体から溶け出した皮脂や塩分などがお湯と混じり合って、やわらかいお湯になるのです。
お客様が家に遊びに来たら、キレイなお風呂に入って欲しいと思う反面、そのままのお湯は体に悪い…となると、どうしたらいいのだろう?って悩んでしまいますよね。
そんな時には、入浴剤の出番です。入浴剤でお湯を柔らかくして、いい香りでおもてなしに入浴剤は活躍してくれること間違いなしですね!

▲上へ

 
お風呂を楽しむ5つのヒント
 

「入浴剤活用でもっと楽しく!」

 
ふろっぐ&だっくの「湯ったり入浴タイム」 HOME

Copyright (C) 2007 ふろっぐ&だっくの「湯ったり入浴タイム」 -お風呂を楽しむ5つのヒント-

お問い合わせ