お風呂にまつわるお役立ちグッズ!節約!快適!【節約&便利なバスグッズ】

入浴用語辞典 | SITEMAP

ふろっぐ&だっくの「湯ったり入浴タイム」

節約&便利な入浴グッズ

 

お風呂は、疲れが取ったり、体のメンテナンスをしたりする場所と思っている方は多いと思います。
気持ちよくお風呂に入るためには、浴室はいつも清潔な場所であって欲しいし、お風呂で使うモノたちも使いやすいものを揃えたいものですよね。中にはたっぷりのお湯を張った浴槽に身を沈めた時にお湯がザーッと溢れるのが好き!という人もいるかもしれません。
そんな感じで気持ちよく思い通りのお風呂の時間を過ごすためには、お風呂掃除や備品の用意などのメンテナンス、水道代や光熱費というお風呂にかかる費用なども忘れられないことのひとつです。
ここでは、お風呂の日々のメンテナンスを楽にしたり、入浴中や入浴前後にあると便利だったりする入浴グッズたちをご紹介します。

家計に優しい「節約入浴グッズ」

一般家庭で一番多く水を使うところは何と言ってもお風呂だと思っている方は多いでしょう。
ですが、実は、水洗トイレが普及した今ではトイレとお風呂の水の使用量はそれほど変わらなくなっています。
それでも家庭での水道使用量の4分の1はお風呂だと言われていますから、水道代への影響もバカにできないですよね。
加えて、お風呂を沸かすための光熱費のことを考えると、お風呂にかかる「経費」は少なくない金額とも言えるでしょう。
そんなお風呂の経費を軽減するのに役に立つ入浴グッズをご紹介します。

節水パワーヘッド 助太刀【アイドラッグストアー】水を節約!節水シャワーヘッド

シャワーは体を洗う時に使うものですが、その水の量は結構なものです。
その水の量をカットしてくれる「節水シャワーヘッド」という入浴グッズがあります。
今あるシャワーヘッドをそれに変えるだけで使う水の量を40〜50%もカットしてくれます。

保温効果を長持ち!保温シート

湯温をキープ。 お風呂の保温シート レッド【HAPPY-MAKER | 快適生活雑貨専門店♪】沸かしたお風呂には蓋をしますよね?
でも、蓋をしただけではお風呂のお湯が冷めてしまうのも結構早いです。
それを少しでも遅らせようという入浴グッズが「保温シート」です。
保温シートは湯船のお湯に直接浮かべて使います。
簡素なものなら100円ショップでも入手することができますし、湯温の分かるタイプのものでも1000円程度で買うことができます。

バスパ【アイデア雑貨 卸まっせ!】お風呂に入れて保温効果発揮!バスパ

お風呂を沸かし直すには追い炊き機能がついた風呂釜がないと難しいですよね。
給湯設備だけしかない場合には、沸かしてから時間が経って冷めてしまったお風呂にはさし湯をする必要があります。
そんな時に保温をして沸かし直しをしないで済むための入浴グッズに「バスパ」があります。
バスパは、電子レンジで加熱した本体をお風呂のお湯の中に入れるだけで4〜6時間程度湯温を下げずに保温することができるというスグレモノです。新たに追い炊きやさし湯をするよりも費用がかからず大変経済的なアイデアグッズです。

アイデアが決め手!あると助かる「便利入浴グッズ」

ハートバスピロー (CM)【美容健康商品・コンタクトレンズ・家電専門店Blue-Lagoon】バス枕(バスピロー)

お風呂の中でゆったりとした姿勢で半身浴や寝浴をする時には、浴槽の縁はちょっと固くて…という人のための「バス枕(バスピロー)」がおすすめです。
吸盤がついていて、壁や浴槽に固定できるので、頭ののせ心地もバッチリ。よりお風呂でくつろぎたい方向けです。

湯温計

お風呂の湯温を計るのに便利なのが「湯温計」です。
最新式のお風呂なら、湯温を自動調節できるようになっていて、湯温も表示されていたりしますが、そんなお風呂はごく一部。
湯温を計って自分の好みの温度を知っておくと、お風呂の時間もより快適になりますよ!
使う時は、お風呂が沸いた後にかき混ぜてから計りましょう。

体重計・体脂肪計

【SIMPLE】欧米で人気のスケール!◆◇スタイリッシュ・スケール B9120 (デジタル体重計)【楽彩都(らくさいと)】よく温泉や銭湯に行くと、脱衣室には体重計が置いてありますよね。
体重を計る時には、できれば服を着ていない状態で計るのが一番です。
となれば、お風呂上がりに服を着る前に計るのがちょうど良いという訳です。
ですから、やはり家でも体重を計るなら、脱衣室に置いてお風呂上りに計るのが一番楽ですよね。
毎日のお風呂の後に体重を計れば、体調管理にも効果的です。肥満が気になる方は、体脂肪計を用意するといいでしょう。

 
お風呂雑学講座
 

お風呂の残り湯の使い道は?

お風呂の残り湯って何に使っていますか?
お風呂の残り湯の利用方法を尋ねたあるアンケート調査の結果では、ほぼ8割の人が洗濯に使うと答えています。ただし、残り湯を洗濯に使うのに否定的な人も中にはいるようです。
その理由としては、「においが気になる」「衛生的に不安が残る」「入浴剤を入れているので使えない」というのが主な理由だそうです。
衛生的に気になる場合には、お風呂の残り湯を洗濯で使うためにお湯をキレイにする効果のあるグッズや溶かして使うタイプの錠剤がおすすめです。
そこまでしなくても…という方でも、浴槽に浮いている髪の毛や湯垢は取り除いてから使いましょう。臭いの気になる方は、重曹を入れてみてもいいでしょう。
お風呂の残り湯を洗濯に使うメリットはその温度です。
洗濯をするのに最も適した水温は30℃と言われていますから、前の日の残り湯はその条件にも合うという訳です。加えて、お風呂の残り湯を使うことで節水の効果もあります。
洗濯機の洗いの部分は残り湯で、すすぎは水道水で、という使い方が一般的です。
残り湯を洗濯に利用OKという入浴剤もありますが、すすぎには使わないでくださいと但し書きがついているものが多いですから、残り湯は洗濯洗剤での洗いの時に使うのが妥当かもしれませんね。最近では、洗濯機にお風呂の残り湯を使うためのホースが付属しているものもあるそうですから、お風呂の残り湯を洗濯に使いやすい環境も整えられてきていると言えるでしょう。残り湯を再利用することは地球環境にも優しいエコな家事ですから、ぜひ心がけたいものです。
お風呂の残り湯の使い道として次に多かったのは、「掃除用の水として使う」です。
家中の拭き掃除や風呂やトイレなどの水周りの掃除に使う人が多いようです。
それに「植物の水やりや打ち水に使う」「トイレの水に使う」が続きます。
ちょっと珍しい使い道としては、「ペットボトルに入れて湯たんぽ代わりにする」「雪を溶かすのに使う」というのもありました。
洗濯で残り湯を使うのを躊躇してしまう方はこんな使い方もいいかもしれませんね。

▲上へ

 
お風呂を楽しむ5つのヒント
 

「入浴グッズでお風呂をもっと楽しく!」

 
ふろっぐ&だっくの「湯ったり入浴タイム」 HOME

Copyright (C) 2007 ふろっぐ&だっくの「湯ったり入浴タイム」 -お風呂を楽しむ5つのヒント-

お問い合わせ