キレイなお風呂で快適バスタイム!【お風呂掃除】

入浴用語辞典 | SITEMAP

ふろっぐ&だっくの「湯ったり入浴タイム」

お風呂掃除

 

バスタイムで気持ちのいい時間を過ごすために必要なポイントは色々ありますが、清潔なお風呂というのはとても重要なポイントではないでしょうか?
気持ち善く風呂に入りたいのに、バスタブがヌルッとしていたり、床や壁や天井にカビが生えていたら、バスタイムも台無しですよね。
清潔で快適なバスタイムを過ごすのに忘れてはいけないのが、お風呂掃除です。
お風呂掃除の仕方ひとつで快適なお風呂時間が過ごせるかどうかも大きく左右されるのですが、知っておいて損はありませんョ!

お風呂の汚れの原因は?

お風呂汚れの原因となっているものは、大きく分けて3つあります。
1つは、私たちの体から出る汚れ(皮脂など)です。
2つめは、水分に含まれるカルシウムなどの成分が、体を洗うための石けんや洗剤の成分と結合してできた石けんカスや洗浄成分の残りカスです。
3つめは、石けんカスとホコリなどが結合してできる「湯垢」です。

そして、お風呂での汚れはそれだけではありません。その汚れは、さらにやっかいなお風呂の「カビ」の原因ともなるのです。
お風呂は、家の中でも最も湿気の出やすい場所ですから、カビとは切っても切れない場所です。
お風呂場で一番やっかいなのもカビです。カビの生育に必要な「高温」「多湿」「栄養」という三つの条件が揃っているのですから、お風呂はカビにとっても居心地のいい場所という訳です。
ということは、お風呂掃除はカビとの戦いと言っても過言ではありません。カビは生えてしまった後ではその除去は大変です。
まずはカビを生やさないようにするのもお風呂掃除を楽にする方法かもしれません。

お風呂掃除の洗剤は?

お風呂の汚れとお風呂洗剤お風呂用の洗剤には色々なものがあり、その用途によって使い分けるのが一般的です。
お風呂掃除に使う洗剤には、下記のようなものがあります。

洗剤 用途
酸性洗剤 湯垢・石けんカス、カビ(軽度)
アルカリ洗剤 皮脂汚れ
カビ取り剤 カビ取り
塩素系漂白剤 カビ取り

ほとんどの洗剤は、使う部分に水をかけて濡らした後に洗剤を塗り、2〜3分放置してから洗い流します。
汚れの軽い場合は洗い流すだけで汚れは落ちますが、汚れがひどい場合には、洗い流す前にスポンジなどでこすって汚れを落とします。
ユニットバスに多い樹脂製の浴槽などは傷がつきやすいので、固いものでこすらないようにしましょう。
タイルなどの場合は、固めのブラシでこすっても構いません。酸性洗剤やカビ取り剤などは刺激が強い洗剤なので使用時は手袋を必ず着用し、違う洗剤とは絶対に混ぜないようにしてください(危険です)。

お風呂の場所別掃除法

お風呂の中でも、それぞれ場所によって、その汚れ方は違ってきますよね。
だとすれば、その場所によって、お掃除の仕方も少しずつ違うはずです。
そんな場所別のお風呂掃除の仕方のコツをご紹介します。

お風呂の壁・床・ドアの掃除

人に優しい洗浄剤・カビグッバイ(2個セット)【バリュー通販】お風呂の壁や床についた汚れは、体を洗う時に飛び散った水滴や泡がほとんどです。
壁よりもより水分が溜まりやすい床の方が汚れは取れにくく、汚れもひどくなりやすいです。
放っておくと、ヌルヌルしたしつこい汚れに変化し、カビの温床にもなってしまいます。
ですから、まずお湯をかけて汚れをざっと洗い流してみて、それでも汚れが落ちていない場合には、スプレータイプの風呂用洗剤をスプレーしてから少しおいて、スポンジなどで軽くこすり、汚れを落としましょう。
お風呂のドアなどの溝の部分は、スポンジではこすりにくいので、レールブラシや古い歯ブラシなどを利用して汚れを落とすと良いでしょう。

お風呂の天井の掃除

お風呂の天井は手も届きにくく、なかなか手の回らない場所でもあり、カビの温床となりやすい場所です。
普段はなかなか掃除しないという方が多いと思いますが、水気を拭き取っておくだけでも随分違いますので、カビ予防のためにも、乾いた雑巾などで拭いておくとよいでしょう。
掃除する時は、雑巾などに酸性洗剤をつけて拭いた後、水拭きをし、その後よく乾燥させるか、乾拭きします。

お風呂の浴槽の掃除

浴槽やシャワーの掃除浴槽の汚れは、乾くとザラザラした感じになったり、底の部分がヌルッとしたりして、お風呂に入る時に最も気になる汚れですね。
お風呂の浴槽の汚れのほとんどは湯垢です。
一番いいのは、入浴直後にお風呂のお湯を抜く時に一緒に洗うことです。
湯垢は乾くと、固まって取れにくくなるので、汚れが乾いてしまう前にお掃除してしまうことが大切です。

お風呂のシャワーの掃除

シャワーヘッドは目詰まりのしやすい場所です。
毎日メンテナンスする必要はありませんが、定期的にシャワーヘッドの中もブラシなどで掃除しましょう。ドライバーがあれば、簡単に外れます。

お風呂の排水口周りの掃除

排水口は、髪の毛などが溜まりやすく、最も雑菌の繁殖しやすい場所と言えるでしょう。
排水口に溜まった髪の毛などは、あまり溜めないように日ごろからまめに取り除いておくことをおすすめします。排水口に汚れを溜めないのが一番ですが、汚れてしまったら、古い歯ブラシなどでこすったり、パイプ用の洗剤を定期的に使ったりするのがオススメです。

お風呂の汚れ予防

お風呂掃除は日々のメンテナンス次第でかなり楽になります。
普段お風呂に入る時にちょっと手間をかけるだけで、お掃除も楽になりますから、覚えておくといいでしょう。
お風呂に入った時には次のようなことをしておくと、掃除が楽になります。

  • 入浴前・中・後と、お風呂で湿気が出る時は必ず換気扇を回しておく。
  • 入浴していない時には浴槽には必ず蓋をして、湿気が出ないようにする。
  • 入浴したら、壁や床にお湯をかけて、汚れをザッと洗い流してから、水をかけておく。
  • できれば床に溜まった水分をふき取る。

 
お風呂雑学講座
 

環境に優しいお風呂掃除って?

お風呂掃除に洗剤を使う方は多いと思いますが、洗剤を使うのは環境に悪いかなぁと思っている人は多いのではないでしょうか?
最近流行なのがエコ・クリーニングです。
洗剤を使わずに、できるだけ環境負荷の低い物を使って掃除をしようというのが狙いです。
化学的な成分の入っていない分、肌にも優しいというメリットもあります。
お風呂掃除にも利用できるものとしては、「重曹」「クエン酸」「酢」などがあります。
重曹は弱アルカリ性で、肌にも優しいので、最近は掃除に使うという方も増えているのでご存知の方も多いかもしれません。重曹をお湯1リットルに30g程度溶かして残り湯に混ぜて使います。湯垢のついてしまった洗い桶や風呂椅子などを、重曹を入れた残り湯に一晩浸けておいて、次の日に洗うと湯垢が落ちやすくなります。
また、排水口に1カップ程の重曹を入れて、熱湯を注ぐと臭いを防ぐ効果もあります。
重曹はスポンジにつけて磨き粉の代わりに粉末のまま使うこともできます。

▲上へ

 
お風呂を楽しむ5つのヒント
 

「入浴の前と後は重要!」

 
ふろっぐ&だっくの「湯ったり入浴タイム」 HOME

Copyright (C) 2007 ふろっぐ&だっくの「湯ったり入浴タイム」 -お風呂を楽しむ5つのヒント-

お問い合わせ