ココロにもカラダにも効果いろいろ!入浴タイム

入浴用語辞典 | 入浴・お風呂リンク集 | SITEMAP

ふろっぐ&だっくの「湯ったり入浴タイム」

入浴

 

「お風呂に入ると疲れが取れる。」
「お風呂に入ると気持ちがスッキリする。」
「お風呂に入ると体が温まる。」
・・・などなど入浴という習慣はココロにもカラダにもいいことづくめ。

お風呂の時間をもっと楽しく。
お風呂の時間をもっと健康的に。
お風呂の時間を美容に役立てるために。
お風呂のマスコットBOYふろっぐふろっぐとお風呂のマスコットGIRLだっくだっぐを案内役に
あなたを快適お風呂生活に導く「5つのヒント」をこっそり教えちゃいます♪
これであなたの明日からの入浴タイムは楽しくなること間違いナシ!!!

「あなたにおすすめの入浴法チェック!」に挑戦!

入浴の効果

お風呂に入ること(入浴)には、どのような効果があるのでしょうか?
多くの人は、入浴は体をキレイにするためということをまず挙げることでしょう。
体の汚れを落として清潔にするためという目的の他に、入浴によって私たちが受けられる恩恵は主に3つあります。
その3つの効果についてそれぞれ説明していきましょう。

入浴の効果その1:温熱効果

お風呂に入るということは、適度な温度のお湯に体を浸けるということです。
温かいお湯の中に体を入れると、その湯温によってそれぞれ交感神経や副交感神経が働いて体に良い効果をもたらします。
それぞれの神経が働くための条件は次のようなものです。

入浴法 湯温 入浴の効果 神経の働き
高温浴 42℃以上 新陳代謝が促進され、体が活動的になる。
疲労物質の乳酸を減らして、疲れを取る。
交感神経





副交感神経
中温浴 39〜42℃ 血液の循環が良くなる。落ち着く。
体の芯から温まり、肌にも良い。
副交感神経の動きがもっとも活発になる。
微温浴 34〜39℃ 筋肉の緊張を解き、精神的に安定する。
低温浴 25〜34℃ 血行が改善されて、血圧が下がる。

入浴の効果その2:水圧効果

お風呂に入るということは、水圧が全身にかかるということです。お湯に浸かった体に水圧がかかり、内臓や血管が圧迫されます。
ですから、湯船から上がった時に体が水圧の影響を受けなくなるので、手足の先まで血液が行きわたり、血行が良くなります。
(ただし、心臓の弱い方はあまり水圧をかけない方が体のためです)

入浴の効果その3:浮力効果

お風呂に入るということは、水の持つ浮く力の恩恵を受けるということです。
湯船に入った時に浮力により、普段体を支えている関節や筋肉への負担が軽減されるため、空気中で体を動かすよりも水中の方が痛みなどを伴わずに動かすことができます。関節痛などの症状がある方は、入浴中に運動するのが効果的です。
また、浮力により体が軽く感じることで、体をリラックスさせる効果もあります。

 


お風呂を楽しむ5つのヒント
 

「お風呂をよ〜く知るべし!」

「入浴の前と後は重要!」

 「入浴方法をよ〜く知るべし!」

  • 健康や美容にもいいお風呂の入り方とは?⇒「入浴法」
  • 人気の入浴方法・半身浴のヒミツ⇒「半身浴」
  • 忙しい時にもピッタリのお手軽入浴方法・足湯のヒミツ⇒「足湯」
  • お湯に入るだけが入浴法じゃない?!今流行りの入浴方法⇒「流行の入浴法」
  • 気分転換にもピッタリ!自宅以外の入浴方法⇒「温泉入浴」

「入浴剤活用でもっと楽しく!」

「入浴グッズでお風呂をもっと楽しく!」

「お風呂コラム」

「リンク」

 


お風呂雑学講座
 

お風呂にまつわる雑学を色々集めてみました。

気になる話題があったら下記のページのお風呂雑学講座コーナーを読んでみてくださいね!


 

プライバシーポリシー | Copyright (C) 2007 ふろっぐ&だっくの「湯ったり入浴タイム」 -お風呂を楽しむ5つのヒント-

函館 WEBデザイン